借金にも時効が存在する - 派遣社員の借金返済実況ブログ!

派遣社員の借金返済実況ブログ! ホーム » スポンサー広告 » 借金知識 » 借金にも時効が存在する

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]

借金にも時効が存在する


いつも私のブログを見ていただき
ありがとうございます。


きのうは休日でしたので
家でゆっくりしてたのですが暴風雨が凄かった。


おかげで風がよく流れ、
クーラー・扇風機無しで過ごせましたが^^;


休日と言ってもお金がないのでどこにも出かけず
暇つぶしにネットサーフィンしていたら
また自分の知らない情報を見つけました。


それは「借金にも時効が存在する」ということです。


消費者金融の時効は通常“何もなければ”5年とのこと。


この“何もなければ”というのは、
先方が何もアクションを起こしていない場合、
たとえば時効中断の手続きや債務名義手続きなどのことで、
そういった手続きがされていなければ、という話です。


ちなみに債務名義手続きは10年延長できるそうです。


なので、自分が何らかの形で雲隠れし、
こういう手続きもされていなければ
最終支払いから5年で時効が発生することになります。


ただし注意すべき点があります。


それは、確かに5年で借金は時効になりますが、
時効期日が経過しても返済義務が
自動的に消滅するものではないということ。


時効を有効にするには自らが積極的に
『時効になったので支払義務は無く支払いません』と
明確に主張する事で初めて時効が有効になります。


つまり、法的手続きを進めるということですね。


時効も成立していて相手も何も手続きしていなければ、
もしかすると返済しなくてもよくなるかもしれませんが、
いろいろ意見を見ているとなかなかそう世の中甘くはないみたいですね。


小額の貸借契約なら、
金融側も催促にかかる経費などを考慮して
逆に諦めるかもしれませんが、
顧客が数十万円・数百万円焦げ付かせたまま逃げたら
普通は何が何でも取り返そうと必死になるのが世の常。


当然、時効の知識などもあると思われるので、
先に中断や延長などの手続きが取られていても
なんら不思議なことではありません。


ちなみにこの債務名義手続きの10年延長ですが、
以後10年毎に債務名義による請求をすれば、
時効はいつまで経っても成立しないそうですヽ(ヽ ̄□ ̄)))))


結果“時効”という規制する法律は存在しますが、
そこまで依存できる内容ではないということですかね。




☆下記サイトでもっとたくさんの方のブログや借金情報を探せますよ^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ にほんブログ村へにほんブログ村へ


コメント
非公開コメント

相互リンクについて

初めまして。
ズボラな嫁の家計正常化日記のキキです。

リンクの件、ありがとうございました♪
こちらもリンクさせて頂きました。

これからもよろしくお願い致します(^-^)

2013-09-04 16:24 │ from キキURL

Re:

>>キキさん

相互リンク承認していただき
ありがとうございます!

こちらこそよろしくお願いします^^

2013-09-04 19:43 │ from ぐっさんURL

トラックバック

http://hensai555889.blog.fc2.com/tb.php/31-80432fd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。